好きあって結婚した男女であっても、家族になり日常の雑事に追われていくと、当初の新鮮な気持ちは色あせ、ちょっとした些細なことでも生き違いが生じ、衝突してしまうこともあるでしょう。そういた小さなほころびが、いつしか気が付けば修復できないほどの亀裂となって、結婚生活にピリオドを打たなければならないことになってしまうカップルも多いようです。しかし中には、別れて初めて相手がかけがえのない存在であったと気づく場合もあり、同じ相手と再婚する夫婦もいるようです。人は誰しも失敗や選択ミスはするものです。失敗から学ぶことは、この世の中には数えきれないほどあり、自分自身が身を持って経験したからこそミスに気づき、成長するものなのです。それは夫婦関係だけではなく子育てにおいても同様で、いくら正しいと思われることでも、その助言を聞き入れる体制が相手側に整っていなければ何の意味も持たないのです。失敗して気づきそこからやり直すことは、決して恥じることではなく、以前よりもさらに良い方向へ進むことは間違いありません。夫婦は家族であっても、もとは他人同士です。お互いに相手の立場でものを見、考える意識を少し持つだけで、関係性は随分と良好になるものです。