金銭的に厳しい場合

| 未分類 |

好きあって結婚した男女であっても、長い夫婦生活の中で、時には衝突することもあるでしょう。慣れというものは甘えにも変わるため、以前であれば感謝の気持ちが持てていたことでも、長年それが当たり前になってくると、当然という考え方に変わり、それをしてもらえないと不満に感じるようになってしまうものです。

いつしかお互いを思いやる気持ちがなくなり、婚姻生活を解消してしまう事態にまで陥ることも、今の日本ではもはや珍しいことではありません。しかし離婚して離れて生活してみると、気持ちはすっきりするものの、お互いが金銭的に困窮していくことが一般的です。今まで一つの家計で済んでいたものが、二つに分かれるのですからそれは当然ではありますが、なかなかそこまで計算して離婚という決断を出している方も少ないようで、現実的に生活費や家のローン、養育費などを払うようになり、厳しさに気が付くようです。女性側も子供を抱えながらブランクのある自分が社会で働くことの厳しさを肌で感じ、収入があってはじめて家事、育児ができていたということに気づかされるようです。お互いがそういった問題に直面することで反省し、協力し合いながらやり直したいと復縁をされるカップルも多いようです。