夫婦でも恋人同士でも、行き違いからいったんは別れながらも、やはり相手の存在が自分にとってはかけがえのないものだと気づき、もう一度やり直したいと思う場合もあるでしょう。一度破局した相手と復縁したいとき、今までと同じような言動では、相手に拒絶されることは当然なので、自分が変わったというところを示さなければなりません。それは決して見せかけだけではなく、心から自分の非を認め、反省し、改心しなければ、また同じ過ちを繰り返します。自分にとって運命の人だと確信しているのであればこそ、真摯な態度を見せるように努力しましょう。自分が相手を求めているからといって、相手も同じ気持ちだとは限らないものです。しつこい態度や押しつけは逆効果です。自分たちの関係が失敗してしまった原因をしっかりと見つめなおし、相手に指摘されてきた点を反省し、改善する気持ちがあることを、理解してもらわなければならないのです。しかしどれだけ努力をしても相手が拒むのであれば、それは潔く受け入れましょう。人は血のつながりのある肉親であっても、自分の考えを相手に押し付けることなど許されません。相手の心が軟化するまで、静かに待つという姿勢も時には必要です。