一人の生活が寂しい場合は、離婚したことを後悔することがあります。そのような気分になると、元妻と再婚するようなことにもなります。そのような気分になるときは、夜一人で寝ている時や、ごはんを一人で食べているときなどです。また、妻がいる時は、仕事から帰っても必ずごはんが準備されていた場合、離婚した途端に自分でごはんも準備する必要があります。そんなとき、離婚したことを後悔する方が多く、復縁する方も多いのです。また、お休みの日に何も予定がなく一人になる場合もそうです。復縁を考えてしまう瞬間です。いつも一緒にいた頃には、一人の気持ちはわからないものです。突然一人になってみると、最初の数週間は晴れ晴れして気分はいいかもしれません。しかし、一人の時間が続くと、突然むなしさに襲われるものなのです。けんかが耐えない生活だったとしても、一人きりのむなしさはありません。一人きりになって、むなしさなどが突然襲ってくるものなのです。しかし、その瞬間が復縁を考えるきっかけにもなります。一緒にいる時は悪いところしか見えなかった場合でも、離れてみて相手のいいところが見えてくるものです。復縁を考える一つのきっかけになります。